幕材製品のスペシャリスト、石川テントへお任せください!|四国・瀬戸内沿岸エリア
TEL 0896-56-5042 お問い合わせ
【営業時間】8:00~17:00【定休日】日曜日

屋根向け遮熱製品

  • HOME
  • 屋根向け遮熱製品

ルーフシェード Roor Shade

有限会社石川テントのおすすめ商品「ルーフシェード」をご紹介いたします。
特許取得済 折板屋根向け外断熱・遮熱工法 ルーフシェード

屋根の遮熱で、冷房コスト44.4%削減(5~10月の負荷削減率)を実現。

空調革命

暑い夏場の金属製折板屋根は、直射日光から伝わる灼熱温により急激な室温上昇の原因となっています。
折板屋根の表面温度は最大80℃にも達し、それらの解決策はエアコン等の空調設備に頼るのが現状、 消費電力の上昇により電気料金の高騰を招き、さらに二酸化炭素(CO2)の排出が原因で温暖化を促進しています。
ルーフシェードは、電気などのエネルギーを使用せず夏場の節電・省エネ効果により環境保護に貢献しています。

夏場の急激な室温上昇を抑制
消費電力の削減/低価格化を実現/短期施工/優れた耐久性/過酷な環境にも対応

ルーフシェードとは、折板屋根の上を専用の「ルーフスクリーン」という日よけシートで覆うことで、暑い夏場の金属製折板屋根の灼熱温による室温上昇の原因を抑える新しい遮熱工法です。
ルーフシェードは、電気などのエネルギーを使用せず夏場の節電・省エネ効果により環境保護に貢献しています。

当社では、新工法のハゼ折板屋根グリッパー工法を採用しております。

ルーフシェードとは

金属製折板屋根上面に驚異の遮熱効果の「日陰シート」で覆うことにより、夏場の急激な室温上昇を抑制します。工場・事務所・倉庫・店舗・各種施設等の消費電力を画期的に削減する新工法により、従来の工法と比べ“低価格・短期施工・優れた耐久性”を実現しました。また先進的な環境技術における環境保全効果を評価され、ゴールド・エコテックを受章(大阪府環境技術評価の普及促進事業に選定)、工法特許も取得しています。

ルーフシェードによる効果

ルーフスクリーン(遮熱性日陰シート素材)

ルーフスクリーンは、耐候安定剤を添加したポリエチレン製強力糸を高密度に織り込み、極めて遮熱効果の高い耐候性・耐久性・制電性に優れた特殊メッシュシートです。織幅30cmのメッシュ構造なので雨水が溜まることなく、透水性・通気性・通風性に優れています。また降雨消音効果も実証され、部分補修も簡単に行えます。

ルーフスクリーン
屋根をうまく覆って日陰をつくります。その日陰をつくる専用シート(素材)が「ルーフスクリーン」。

ルーフスクリーンの製品仕様

シルバーグレータイプ

●品番 RS1918(シルバーグレー)
●規格 幅30cm×100m巻
●材質 ポリエチレン
●遮光率 97.95%
●引張り強度 タテ強度 62,000N/m(6,322kg/m)
ヨコ強度 37,600N/m(3,834kg/m)
●伸び率 タテ(18.7%)
ヨコ(19.7%)
シルバーグレータイプ

ステンレスコーティングタイプ

●品番 RS1412(ステンレス蒸着)
●規格 幅30cm×100m巻
●材質 ポリエチレン
●MASA加工 ステンレス薄膜コーティング(超薄膜コーティング)
●遮光率 97.84%
●引張り強度 タテ強度 39,618N/m(4,040kg/m)
ヨコ強度 30,420N/m(3,102kg/m)
●伸び率 タテ強度 39,618N/m(4,040kg/m)
ヨコ強度 30,420N/m(3,102kg/m)
ステンレスコーティングタイプ

ルーフシェードの施工方法(工法特許取得)

低価格化(従来工法に比べ大幅削減)・
短期施工(新工法で工期短縮)で驚異の遮熱効果を実現。

従来の折板屋根に対する直射日光対応策は、屋根材を二重構造にして内部にグラスウール等の断熱材を施す「屋根材二重構造」、 屋根材に特殊塗料を塗布して太陽光線を熱反射させる「遮熱塗装」、屋根にスプリンクラーを施して気化熱により温度上昇を低減させる「直接散水」や 屋上緑化などの対応策が施されていましたが、いずれも初期投資やランニングコスト面から得策とは言えず、 慢性化する夏場の電力不足に対応する節電・省エネ対策が急務となっています。

ルーフスクリーンの製品仕様

ルーフスクリーンの製品仕様

施工方法(工法特許取得)

施工方法(工法特許取得

降雨消音効果

工法 施工の簡易性 初期費用
ランニングコスト
×欠点・○優位点
ルーフシェード 屋根に直接傷を付けない新工法により工期短縮 従来工法と比べ低価格化を実現 ○ 撤去も簡単
○ 屋根材を
 紫外線から保護
○ 遮熱効果の
 長期持続
○ 雨音の
 消音効果
屋根材二重構造 工期が長い・レッカー等の重機が必要・重量が大 ルーフシェードに比べ初期投資大
(後施工の場合・当社調べ)
× 屋根材間の
 断熱材が
 暖まった空気を
 保温してしまう
遮熱塗装 工期が長い・足場が必要・屋根の状態により下処理が必要 ルーフシェードに比べ初期投資大
(高性能商品の場合・当社調べ)
× 汚れによる
 機能劣化
散水 配管・スプリンクラー・ポンプが必要 水道料金及びポンプ稼働用電気料金が必要 × 湿気による
 屋根材の腐食
× 渇水時には
 印象が悪い
屋上緑化 工期が長い・重量が大 ルーフシェードに比べ初期投資膨大 × 湿気による
 屋根材の腐食
太陽電池 工期が長い・レッカー等の重機が必要・重量が大 初期投資が莫大 × 投資回収に
 不安がある
○ クリーン
 エネルギーを
 生む

施工例

施工例

工場・倉庫・店舗等の消費電力を画期的に削減。驚異の遮熱効果で全国に施工実績が拡大!!

2012年12月現在の累計施工実績 約400件(約140,000m2

施工例
宮崎県 810m2
施工例
香川県 2,260m2
施工例
大阪府 1,100m2
施工例
京都府 4,800m2
施工例
静岡県 700m2
施工例
千葉県 133m2

Q&A

Q.消費電力はどれくらい節約出来ますか?

ルーフシェードの施工有無による工場の仮想モデル試算結果(鹿児島県)では、5月~10月の間に於いて消費電力負荷削減率約44.4%の節電結果が実証(省エネルギー効果試験参照)されています。電力会社の契約形態により省エネ効果は、「低電圧契約の場合」使用電力量が減少しても基本料金には影響しませんが、電力量料金の低減効果は発揮します。「高圧受電契約の場合」使用電力量の減少により電力量料金の低減効果はもちろん、夏季ピーク時での最大需要電力(デマンド)抑制ができれば基本料金の低減にも繋がります。

Q.従来工法と比較して 施工費用が節約できますか?

A.現場の状況にもよりますが、屋根材二重構造や高機能遮熱塗装工法に比べ初期投資が大幅に削減できます。(当社調べ)

Q.シートの耐用年数は何年?

A.促進試験や過去の実績から判断して約10年~15年くらいの耐久性があると思われます。(但し、施工現場の環境により誤差が生じることがあります。)

Q.CO2の削減に貢献できるのでしょうか?

A.ルーフシェードの施工有無による工場の仮想モデル試算結果(鹿児島県)では、5月~10月の間に於いて消費電力負荷削減率約44.4%の節電効果が実証(省エネルギー効果試験参照)されています。したがって消費電力も大幅に減少できCO2の削減にも大きく貢献しています。

Q.台風に対しては大丈夫でしょうか?

A.風洞試験により、ハゼ式では風速60m、ボルト式では風速40mに於いても飛散しないことを実証(風洞試験結果参照)しています。

Q.ルーフシェードは飛び火試験認定商品でしょうか?

A.防火性能認定(財団法人 日本建築総合試験所〈飛び火試験〉)を取得しています。
金属製折板屋根に対する遮熱工法用の施工シート(ポリエチレン樹脂繊維シート表張材)として飛び火性能試験に合格した国土交通省の防火性能認定商品です。(国土交通大臣認定 DR-1445)

Q.エアコン室外機やアンテナが屋根の上に ありますが施工は可能でしょうか?

A.織幅30cmのメッシュシートを採用していますので、あらゆる障害物をかわしながらの施工が可能です。

Q.施工可能な屋根材を教えてください?

A.現在は金属製折板鋼板屋根材の角ハゼ式・丸ハゼ式とボルト式の3種類です。特殊ブラケットを使用することにより他の屋根にも施工が可能です。

Q.施工期間は何日くらい必要でしょうか?

A.屋根面積約4,800m2の工場を9日間で施工を終えた実績もあり短期施工が可能です。もちろん工場の稼働や店舗の営業などに対してもご迷惑をお掛けすることなく施工ができます。

Q.取り外しは可能でしょうか?

A.取り外しは簡単にできます。

Q.施工時に屋根を痛めることは無いでしょうか?

A.屋根に直接穴を開けたりビスを打ち込んだりする必要がなく施工による雨漏りの心配はありません。

ルーフシェード施工動画